ガジェット好きの中学受験奮闘記

ガジェット(主にApple製品)が好きな父親が綴る娘の中学受験奮闘記です。

塾を辞める決断(ある麻布中出身の人の話)

昨日は前の職場の同期の飲み会でした。気がつけば、自分以外はほとんど東大出身という面子でした。ただ、同期は本当に優秀なのに、それを鼻にかけることも一切せず、付き合っていて、とても気持ちが良い人ばかりです。

 

中学受験をしている人も多かったので、中学受験についても色々と聞いてみました(私は中学受験はせず、小学生の頃はサッカーばかりやっていました・・)。

 

その中で印象に残ったのは、「麻布中は何よりも基礎が大切」と言っていた麻布中出身の同期の話です。彼は、麻布卒業後に現役で東大文Iに合格し、今は弁護士をしています(もちろん司法試験も一発合格)。

 

彼は小学生の時に塾に通っていたそうですが、そこで塾の勉強についていけなくなってしまったそうです。塾の授業が理解できず、当然のことながら授業を聞いても何も理解できなくなってしまったとのこと。

 

そこで、彼の母親は決断します。塾の勉強についていけるように勉強時間を増やしたりするわけでもなく、塾をきっぱりと辞めさせました。

 

彼の母親は、彼の学習を観察して、基礎のところで躓いていると分かったのです。そのため、基礎ができていないのに塾の難しい問題を解けるわけがなく、塾に行くことは時間の無駄だと悟ったのでした。

 

塾を辞めてからは、彼はひたすら基礎固めをしたそうです。本当に簡単な問題を反復して、基礎的なことを完璧にしました。数学の達人と呼ばれる「謎のおじいさん」に算数を個別に教えてもらったりすることにより、飛躍的に算数が出来るようになったそうです。

 

そして、自宅学習でひたすら基礎を反復して定着させ、再び塾に入り直すことにしました。

 

塾に入り直すための試験の結果、彼は塾のトップになったそうです。それから塾のカリキュラムに沿って勉強し、見事第一志望の麻布中学の合格を勝ち取りました。

 

彼は「あのまま塾にしがみついていたら、絶対に麻布には受からなかった」と言っていました。あの時に母親が自分を良く見てくれて、塾を辞めさせて基礎をみっちりと教えてくれたことに本当に感謝しているとのことです。

 

塾を辞めるというのは、大変難しい決断だと思います。子どもを良く観察し、勇気のある決断をした彼の母親の決断力は見事です。

 

うちの娘はまだ塾には行っていませんが、塾についていけていないな、と感じたら、躓いたところに戻る勇気を持ちたいと思います。そのためには、子どもを良く観察すること、親子間の信頼関係を築くことが大事なのだろうと思います。

 

とても良い話を聞けた夜でした。

少し中休み

今日は娘の授業参観もあり、娘がとても成長した姿を見せてくれました。

 

「学校の勉強は簡単」などと生意気なことを言っていたので、心配していたのですが、授業も真剣に聞いていて、積極的に手を挙げて、きちんと参加していました。

 

「家で少し難しいことをやっていても、学校の勉強をバカにするようなことはしてはいけないよ。学校の勉強から新しい発見を見つけることが出来るのが本当に賢い人なんだよ」と常日頃から言っていたので、その点は理解してくれているようでした。

 

親バカですが、今日、娘が算数の最後の時間にした質問がとても良いなぁと感じました。

 

今日は足し算と引き算が混ざった計算をしたのですが、先生が「最後に質問がある人」と聞いた際、娘が手を挙げ「足し算と引き算が混ざったものは何算というんですか?」と質問していました。

 

とても良い視点だなぁと感心してしまいました。先生は答えに困ってしまったようでしたが、最後は「混ぜ算かなぁ」と締めくくり、教室は笑いに包まれていました。

 

常に疑問を持ちながら授業を受けているからこそ出来る質問だったのではないかと思います。

 

放課後は、新しく行く学童への行き方を練習し、その後に公文にも行ったので疲れている様子でした。そのため、今日は宿題だけにして、早めに寝かせてあげました。授業参観で得た娘の印象が良く、ちょっと甘やかす気持ちがあったのかもしれません。

 

明日からは、気持ちを切り替えて、日々の課題を淡々とこなしていきたいと思います。

9月19日の振り返り。インターのアフタースクールは昨日で最後にすることにしました。

昨日の振り返りを今日書いています。

 

昨日は例の家族との間で色々とあり、精神的にも体力を削られてしまいました。インターのアフタースクールには、いじめを助長するような言動をする家族が居るので通わせることは出来ないと伝えるつもりです。

 

昨日話し合って、変な逆恨みをされていると分かりました。話が通じるような相手ではないな・・と。小学校受験を境に狂ってしまったように感じたので、親のメンタルを保つことは重要だと改めて感じさせられました。

 

コンプレックスの塊を娘にぶつけることだけは止めて欲しいです。

 

さて、学習面では、昨日はそのようなこともあり、娘も疲れていそうだったので、漢字プリントや算数プリントの課題は無しにして寝ました。

 

本当は日々淡々とこなさないといけないのですが、睡眠時間を削ってまでやることではありません。まずは日々の体調管理が一番です。

 

アフタースクールは今月いっぱいまで契約上は利用出来ますが、今週・来週は家族の誰かしらは家に居られるので、アフタースクールに行くのは昨日で最後にしました。

 

娘に英語の環境を与えたくてインターのアフタースクールを選択しましたが、結局、失敗してしまったと感じます。変な親に粘着されてしまったこともありますし、学習面ということからしても、何らの基礎もないのに英語のシャワーを浴び続けても英語の力がつくわけではないと痛感しました。

 

英語については、これから家でしっかりとやるつもりです。お母さんの発音レベルが相当高く、英語で遊ぼで日々練習していたので、娘の発音レベルはとても高いです。ネイティブの先生にも驚かれます。幼児期までにつけておくべき音の感覚は身につけたので、これから第二言語として論理的な学びをスタートできると思います。

 

インターの環境がなくても英語はできるということを娘には証明して欲しいです。

一緒に頑張ろう。

9月19日朝の振り返り。お母さんとのダラダラおしゃべり

ポイント制を導入して、娘のモチベーションも上がりましたが、今日は朝ご飯を食べるのに40分もかかり、そろタッチが終わりませんでした。

 

原因は娘が朝ご飯をダラダラと食べること。お母さんも一緒になってお喋りをしながらゆっくり食べているので、時間があっと言う間に過ぎてしまいます。

 

自分がせっかちなのか、お母さんと娘がのんびりしているのか・・。

 

学生時代、お母さんと勉強していても、「何でこんなにのんびりと勉強しているのだろう」と何度も思ったことを思い出しました。この点は娘に遺伝しているような気がするので心配です。

 

今後は、朝ご飯の時間もタイマーで計測して、時間が来たら強制的に朝ご飯終了にしようと思います。この間読んだ本にもこの方法が良いと紹介されていたので、子どもに悪影響を及ぼすようなこともないのでしょう。

 

時間はどんな人にも平等に与えられているもの。問題はその使い方だということを幼いうちから覚えておかないと取り返しがつかないことになってしまいます。

やはり体力は大事

ポイント制を導入して娘のモチベーションは上ったものの、19時までインターのアフタースクールに居て、帰宅が19時30分になってしまえば、流石に疲れて学習をやるのも難しそうです。

 

ただ、ポイントが減るのを防ぐため、体力的には厳しいながらも、算数プリント、漢字プリント、そろタッチ1ミッションは完了させました。

 

来月からはインターのアフタースクールではなく、学習を見てくれる学童に行きますし、18時にはお迎えに行けるので、帰ってきても体力的に余裕がある状態のはずです。

 

学童から帰ってきたら、学習ではなく、読書や娘の好きな遊びを一緒にする時間を取ってあげたいです。まだまだ小学1年生ですから、朝の学習時間以外では家はホッとできる場所にしてあげたいと思っています。

 

低学年のうちは、何かを学ぶことが楽しいと思ってくれるだけで十分です。

 

いずれは自分の勉強に付き合ってくれるといいなぁ。中学受験というよりも、最終目標は自分の勉強友達を作ることですから。

やはり体力は大事

ポイント制を導入して娘のモチベーションは上ったものの、19時までインターのアフタースクールに居て、帰宅が19時30分になってしまえば、流石に疲れて学習をやるのも難しそうです。

 

ただ、ポイントが減るのを防ぐため、体力的には厳しいながらも、算数プリント、漢字プリント、そろタッチ1ミッションは完了させました。

 

来月からはインターのアフタースクールではなく、学習を見てくれる学童に行きますし、18時にはお迎えに行けるので、帰ってきても体力的に余裕がある状態のはずです。

 

学童から帰ってきたら、学習ではなく、読書や娘の好きな遊びを一緒にする時間を取ってあげたいです。まだまだ小学1年生ですから、朝の学習時間以外では家はホッとできる場所にしてあげたいと思っています。

 

低学年のうちは、何かを学ぶことが楽しいと思ってくれるだけで十分です。

 

いずれは自分の勉強に付き合ってくれるといいなぁ。中学受験というよりも、最終目標は自分の勉強友達を作ることですから。

9月18日朝の振り返り

ポイント制導入の効果もあり、朝の時間が余るくらい順調に学習を進めることが出来ました。

 

「そろタッチ」は2ミッションをクリアしました。繰り上げを含む足し算の計算も難無くこなしていて、今では自分が間違ってしまうような問題も素早くこなしています。計算は2年生の夏くらいまでは「そろタッチ」だけにするつもりです。

 

シンクシンク、Anki、公文の国語も順調に終わらせていました。Ankiによる漢字学習は怖いくらい順調で、日々書ける漢字が多くなっています。前回の練習からしばらく時間が経過している漢字についても、適切なタイミングで復習できるので、安心感があります。

 

また、写真記憶の技術を身につけて欲しいと思っているので、漢字を覚える時もシャッターを切るように覚えてごらんと声かけをしています。効果があるのかは分かりませんが・・。

 

このブログを始めて1ヶ月も経っていませんが、今日はブログの内容についてコメントをいただけました。正直、アクセス数的には自分の記録用としての意味しかないようなブログなのですが、こうやって反応があり、また良いアドバイスがいただけるのは嬉しいことです。

 

最近、娘を通じて色々な方とお会いする機会が増えました。きっと仕事だけをしていたら築けなかった関係なのではないかと思いますので、娘には感謝しています。